OpenOffice.org Writer

書式と装飾

文字の書体(フォント)や大きさなどを変える

一部の文字の色,書体などを替えたい場合には,まず変えたい部分を選択してください.マウスでドラッグするのが一番簡単だと思います.

その上で,メニューバーの[書式]から,[文字]を選択すれば,下のようなウインドウが表示されます.

フォント(字体)の種類,スタイル(太字,斜体など),サイズをプルダウンメニュー(クリックすると選択肢が表示される四角いボタン)から選択すると,ウインドウの下に見本が表示されますので,それを見ながら設定してください.

さらに,同じウインドウの[フォント効果]や[位置]などのタブで,文字の白抜きや,上付き/下付きなども可能ですが,ここでは説明しません.

ページの書式を指定する

ページ全体の書式(縦書きか横書きか,段組にするか否か,など)を変える場合には,メニューバーの[書式]から,[ページ]を選択してください.すると,[ページスタイル]というウインドウが開きますので.そこから変更してください.

用紙サイズの変更も本来は出来るのですが,情報処理教育実験室で印刷する場合,用紙サイズはA4のみです.[書式→ページ]で出てくるウインドウでA4以外の用紙サイズを指定すると,印刷されない事もあります.用紙サイズはA4のままにしておいてください.「ページ」タブのうち,[文字の方向](縦書きか,横書きかの設定)と,[余白]と[レイアウト設定]は変更しても大丈夫ですが,余白が極端に少ないと印刷出来ないかもしれません.

また,授業のレポートなどでは,1ページ当たりの行数や1行あたりの文字数を指定される事も多々あるかと思います.こういう設定は,「行数と文字数」タブで行います.原稿用紙の罫線も一緒に印刷したい場合などもここで設定します.

スタイル

ここまで,マウスなどで選択した部分の書式を変える方法を説明しました.短い文章を書いているときには一回づつ設定してもさほど手間にはなりません.しかし,長めの文章の場合,見出しの文字の大きさを揃えるなどの作業を全てこれだけで行うとなると面倒なだけでなく,見た目に汚い文章になりがちです(これはワードプロセッサ共通の欠点です).

そうならないためには,一回一回書体や大きさを指定していくのではなく,限られた種類の書式を設定しておいて,それを割り当てた方がすっきりします.そのためにOpenOffice.orgで使うのが「スタイル」です.

OpenOffice.orgでは[見出し][タイトル]といった代表的な書式に合わせた「スタイル」は既に登録されています.既成のスタイルを使う場合は,そのスタイルを割り当てたい部分を選択し,[F11]か[書式→スタイルと書式],もしくは書式ツールバーの[スタイルと書式]アイコンをクリックしてスタイルと書式ウィンドウを表示させ,使用するスタイルをダブルクリックしてください。

なお,ここで選択したスタイルは後述のオブジェクトバーの[スタイル選択]に追加され,すぐに選択したところに適用できるようになります.

書式ツールバーからの操作

書式の変更を,いちいちメニューバーからウインドウを開いてやっていたのでは時間も手間もかかってしまうということで,Writerで文字を選択したときの書式ツールバーには,これらを素早く指定するためのアイコン等が集まっています.以下これを説明していきます.

Writerの書式ツールバーの左半分

まず,一番左の[スタイルと書式]アイコンの右にあるプルダウンメニュー(クリックすると選択肢が表示される四角いボタン)は,[スタイルの適用]ですが,これは新しく文書を作り始めた時点では「標準」に戻すことしか出来ません(Microsoft Officeでは最初から「見出し」などのスタイルをここから選択できるので,Microsoft Officeを普段お使いの方が戸惑う点だと思います).[スタイルと書式]から使ったスタイルが自動的に加えられていくので,その文書で既に使ったスタイルをもう一度使う時にだけ使ってください.

その一つ右が,選択した部分に使用するフォント(字体)の変更を行う[フォント名],その右の数字の入っているのが[フォントのサイズ]です.[フォント名]をクリックすると,字体の名前が実際にその字体で表示されるので,それを見本にしながら選んでください.

[フォントのサイズ]の右のは選択部分を太字にするアイコンで,同様には斜字体(italic)にするアイコン,は下線を引くアイコンです.

Writerの書式ツールバーの右半分

さらにその右を見てみましょう.4本の横線が並んでいるアイコンは,それぞれ左揃え・中央揃え・右揃え・両端揃えのアイコンで,現在選択している段落を左揃えにする,中央揃えにする……という操作をすぐに行えます.

さらにその右には,選択している部分を箇条書きにしたり,元に戻したりするアイコンです.[番号付け]は,右の図の上のように,それぞれの項目に番号を振ります.[箇条書き]では,右の図の下のように,番号を振らず単に列挙するだけになります.

続いて,選択した段落の字下げ(インデント)を付けたり,無くしたりするのに使うアイコンです.[インデントを増やす]をクリックするごとに5字程度の字下げが付き,[インデントを減らす]をクリックすると5字程度元に戻ります(微調整はこのアイコンではできないので,最初からルーラで字下げを付けた方が良いかもしれません).

最後は,文字や段落の背景の色を替えるのに使うアイコンです.[フォントの色]は字そのものの色を,[文字の背景]は文字の裏の色を,そして[背景色]は選択している段落の色を変えます.これら色を変えるアイコンの利用法は少し「くせ」があります.