困った!(Tips and FAQs)

Microsoft Officeと一緒に使う

ファイルの互換性や操作の相違などについてはOpenOffice.org ユーザーのためのMicrosoft Office互換性研究室も参考にしてください.

Microsoft PowerPointとOpenOffice.org Impressの非互換

Microsoft PowerPointは非常に複雑なアプリケーションです.このため, OpenOffice.org Impress との互換性ついてに Writer や Calc の場合よりも注意することがあります.

OpenOffice.org Impressで作成した.pptファイルを MS PowerPointでプレゼンテーションに使おうとした場合,アニメーションなどの特殊効果は失われます.また最悪の場合は殆ど何も読めない事も想定されます.念のために HTML 形式あるいはMacromedia Flash形式のファイルも出力し,保存しておくことをお薦めします.
この場合,アニメーションなどの効果が損なわれますが,Webブラウザや画像ビューアを利用してのプレゼンテーションが可能になります.

マクロの非互換

Microsoft Officeでマクロとして使われている "Visual Basic for Applications"(いわゆるVBAマクロ)と, OpenOffice.org でマクロとして使われている "OpenOffice.org BASIC" は互換性がありませんので, Microsoft Office向けのマクロは使えません.

OpenOffice.org 向けのマクロに関しては,OpenOffice.org Basic and StarBasicなどからダウンロードできるものなどがあります.

OpenOffice.org は, 標準では VBA マクロを Microsoft Office の形式のファイルに残しておく設定になっています. VBA マクロの扱いに関しては,OpenOffice.org のメニューバーから[ツール(T)] >> [オプション(O)]を選択し,[読み込みと保存] >> [VBA 属性] を開いて設定できます.

読み込みと保存 > VBA属性