OpenOffice.org Draw

ツールバーの説明

ツールバー(オブジェクトバー・図形描画バー)について説明します.

オブジェクトバー

この部分には現在編集しているオブジェクトに関する編集コマンドが表示されます.


線と塗りつぶしバー

線や図形などを編集するときに表示されます.


線のスタイル・色・終点などの編集が行えます.

線の終点スタイル
線の終点を設定します.

表面
図形の色を選択できます.塗りつぶしたくなければ[透明]を選択してください.

選択した図形・線に影をつけることができます.



画像バー

ファイルから取り込むなどした画像を編集するときに表示されます.


フィルタ
選択した画像にぼかしやモザイクなど様々なフィルタを適用します.

図モード
選択した画像の表示属性を変更します.

色の割合や明度、コントラストなどを編集できるパレットを開きます.

透過性
透明度を指定します.0%(不透明)から+100%(透明)の範囲の値を指定できます.

透過性
画像をトリミングするためのダイアログを開きます.

図形描画バー

四角形や楕円など基本的な図形を描く場合は下側の図形描画バーを使用します.

各種アイコン右側の下向き三角をマウスの左ボタンでプレスすると,パレットが表示されます.

例えば,基本図形アイコン右側の下向き三角をプレスすると下図のようなパレットが表示されます.パレットの中から自分の使いたい図形のアイコンを選択してください.


選択
図形をクリックするとその図形を選択することができ,選択後ドラッグで図形を移動させることができます.

テキスト
文字を記入します.縦書きや凡例などにも対応できます.

基本図形
基本図形(長方形・楕円など)を描くことができます.描画エリアで左ドラッグし,マウスを放すと図形が書き込まれます.

曲線
曲線や多角形(折れ線)を描くことができます.また,フリーハンドで自由に線を引くことも可能です.

線と矢印
直線を引くことができます.左ドラッグの最初が直線の始点,最後が終点になります.デフォルトでは終点に矢印がついています.矢印の有無や線の太さや破線など,設定の変更はこちら

コネクタ
図形同士をつなげます.
制御点の編集
曲線や多角形の制御点を移動させるときはこのアイコンをクリックしておきます.

効果
選択した図形を回転させることができます.

配置
図形を1つ以上選択してからこのアイコンをクリックすると図形が1列に並んだ状態で整頓されます.そろえることができるのは,左端・幅中央・右端・上端・高さ中央・下端の6つです.

整列
複数の図形が重なった場合の上下関係を変更できます.