OpenOffice.org Draw

線を描く

ここでは様々な線の引き方について説明します.

直線を引く

直線を引くには,まず,図形描画バーの線と矢印アイコンをマウスの左ボタンでプレスします.アイコン右側の下向き三角をプレスすると,下図のようなパレットが表示され,異なったスタイルの線を引くことができます.

パレット内のアイコンは主に線の始点と終点の形状を選択するもので,普通の直線を引く場合はパレットの左上のアイコンを選択してください.

直線の種類を選択したら,描画エリアで左ドラッグすることで直線を引くことができます.

曲線を引く

曲線を引く場合は,図形描画バーの曲線アイコンを選択します.

パレット内のアイコンは,上段が塗りつぶし,下段は塗りつぶしなしで,左から順に曲線,多角形,多角形(45°),フリーハンドの曲線となっています.

左クリックを押すと,連続して曲線(直線)を描くことができます.終了はダブルクリックで行います.また,上段の塗りつぶしを選択すると,曲線又は折れ線の開始点と終了点を線で結び,図形内を塗りつぶします.

曲線

OpenOffice.org Draw ではベジェ曲線で曲線を描きます.ベジェ曲線についてはここでは説明しませんので,他サイトなどを参考にしてください.

まず,左ドラッグで線を引っ張ってきます.

    

マウスのボタンを離しマウスカーソルを移動させます.左ドラッグからボタンを離した点がベジェ曲線における制御点となり,続けて曲線を描く場合は左クリックで,終了する場合はダブルクリックで端点を設定します.  

 
多角形

折れ線を描くことができます.初めの直線は左ドラッグで描き,その次からは折れ線の終点から左クリックで指定した点までの直線が追加されます.終了はダブルクリックで行います.

多角形(45°)

基本的には多角形と同じですが,折れ線の角度が45の倍数(45, 90, 135, 180, 225, 270, 315, 360)に限定されます.

フリーハンドの曲線

自由に線を引くことができます.左ドラッグを続けている間,描画エリアにマウスカーソルの動かしたとおりの線を描きます.

曲線の編集

作図した曲線(折れ線)を編集するには制御点の編集アイコンをクリックします.

下図のような折れ線を例にして考えます.

制御点の編集アイコン(上図の赤枠)をクリックして折れ線を選択すると,制御点が表示されます(上図の赤丸).この制御点を移動させることで直線や曲線の位置を変更させることができます.