OpenOffice.org Calc

グラフの編集

次にグラフの編集について説明します.

グラフにカーソルを合わせて右クリックし,[編集(E)]を選択するとグラフを編集することができます.

また,グラフをダブルクリックすることによっても編集可能です.

Tips: グラフの編集は OpenOffice.org Calc だけでなく OpenOffice.org Writer や OpenOffice.org Impress でも行うことができます.

グラフの編集

タイトル・補助線の設定

上図のアイコンはグラフに必要なタイトル・補助線の付加の有無を選択します.アイコンをクリックするごとにオン/オフが切り替わります.グラフに必要なものだけ選択してください.アイコンは左から順に「タイトル」「凡例」「軸のタイトル」「軸」「目盛線(横)」「目盛線(縦)」を表します.デフォルトでは,「凡例」「軸」「目盛線(横)」がオンになっています.

グラフの種類の設定

上図の2つアイコンでは,グラフの種類を選択し直すことができます.左が「グラフの種類を編集」,右が「オートフォーマット」になっています.どちらもグラフの種類を選択後,バリエーションを設定します.「グラフの種類を選択」では3Dグラフを選択することができ,「オートフォーマット」ではプレビューでグラフを確認しながら選ぶことができます.


データ系列の設定

ここでは,データ系列の設定について説明します.

上図一番上の「グラフのデータ」アイコンをクリックすると,グラフデータを編集するためのダイアログが開きます.OpenOffice.org Calcでは,セルにデータが表示されますので,このアイコンを使用するのはWriterやImpressなどに挿入したグラフを編集する時になります.

次にグラフの系列の定義について説明します.一番右のアイコンが「系列を列方向に定義」を示すアイコンであり,左下のグラフのように1列目の項目(「国語」「数学」「英語」「理科」「社会」)ごとに分けられてグラフが表示されます.その上のアイコン「系列を行方向に定義」を選択すると,右下のグラフのように1行目の項目(「大阪 太郎」と「市大 花子」)ごとに分けられたグラフが表示されます.用途に応じて使い分けるとよいでしょう.

その他の設定

上図左の「テキストのスケール」アイコンをオンにしておくと,グラフのサイズを変更した際に文字のサイズも自動調節で変更してくれます.文字のサイズを変更したくない場合はオフにしておいてください.

上図右の「グラフの表示を元に戻す」アイコンをクリックするとグラフの表示形式が元に戻ります.